わくわくが不安に変わり始めたら

勝手にAÿǎ提案

今わくわくするような夢や目標はありますか?

その気持ちのまま、わくわくしたまま叶えることができたら最高ですよね。でも時には自分に自信がなくなったり急にこの道でいいのかって不安になる時もあるかもしれません。そんな時はもちろん悩んだり考え直したり、自分が納得するまで情報収集するのもいいと思います。

ただそんな時、心にとめておいて欲しいのが「わくわくする」気持ちの時は目的地(夢や目標)からまだ距離があり、「不安に感じた時こそ」夢や目標に近づいている証拠であるということ。だからやみくもに不安から逃げないで欲しいです。「ついに、あの時目標にした場所や夢に近づいているんだ」って自信を持って欲しい。その気持ちの上で自分の進もうとしている道の再確認でも何でもして、自分で納得して進んで欲しいです。

何度も何度でも自分にとって「何が大事」か聞いてあげてそれを尊重してほしいと思います。そしてその選択に自分で責任を持つ

不安や恐い時は嘘でも“it’s a piece of cake”(楽勝だよ)って心の中でもつぶやいてみてください(o^―^o)マンガ「宇宙兄弟」の中で出てくるワードだそうで気に入っちゃったのでご紹介♩どんな逆境でも心の中に小さな火が灯る魔法の言葉ですよ♩(私はきっと日本語で呟きます笑)

学生の頃、演劇のワークでシェイクスピアのハムレットを一人ワンシーンずつ担当して物語を続けながら発表するグループワークがありました。すごく記憶に残っていて。私の担当シーンはいっぺんに3人出てくる部分だったのでどうしようかと思って。でもなぜ強く覚えているのかというと、同じチームの子に「私は、3人いっきに出てくるシーンだから、この役やってこの役やって、この役やって、てしなきゃいけない」と少し弱音をこぼしたら、「じゃあ、その通りこの役やってこの役やって、この役やって、てやればいいじゃん」と軽くそのまんま返答されました。…言葉通りに出来りゃ苦労しない!と思って悔しかったー!でも「確かに、言葉にした通りやればいいんだ」って、なんか腑に落ちたんです。

そしてもちろんやり切りました♡しかも役に一瞬で差別化できるよう一人を関西弁にアレンジしてみたりして。そしたら終わった後、私にそのままやればいいと言った子は私の出来が想像以上だったのか驚いて褒めに来てくれましたけど、(なんならたかが授業の一環なのに他の人達からも評判良かったんだから♩)私は悔しい気持ちが原動力になったのと同時に頭にあることを無理だと勝手に判断せず、その順序でやってみる(体現してみる)ことの基本的な大切さを実感しました。だって、私の頭はやり方(やりたいこと・自分がやるべきこと)を知っている。不安や未知の周りの反応に物怖じしてちゃ動けない。むしろ周りを常に驚かしていたい!

いつだって自分自身に楽勝だよって言っちゃう(o^―^o)

あなたも頭では分かっているのに、不安が勝手にブレーキかけていることありませんか。頭にあることをその通り行動してみたら楽勝かもしれません♡

 

Aÿǎ♡


コメント

タイトルとURLをコピーしました