漉油(こしあぶら)

4月も下旬。せっかくなのでこの春のうちに山菜シリーズ(笑)をやり切っちゃいましょう!ということで本日はコシアブラ。私は幸せなことに祖父母が家の裏庭で育てているので摘みたてを天ぷらで頂きました♡

こうして枝から生えている部分を摘みます。

茎ごと天ぷら~♡(奥はフキノトウ)

ちなみにこの写真に一緒に写っているのは高野豆腐の天ぷら!初めての挑戦でしたが、水で戻して天ぷら粉で揚げるだけ。お塩で頂きます。ふあっふあで面白い、変わり種としてイケます♡ただし次の日には温め直しても美味しさ半減なので残さないのが無難です(;^_^A

と話はがっつりそれましたが、「山菜の女王」と呼ばれるコシアブラの栄養素をご紹介(o^―^o)

〇コシアブラの栄養MEMO〇

食物繊維

ケンフェノールイソクエルチトリン:どちらも聞きなれない栄養素ですが、葉っぱの部分に含まれていて血圧を効果があります

ポリフェノール:動脈硬化、抗酸化作用、ガン予防、抗菌作用

コシアブラ自体はとってもヘルシー。天ぷら以外で食べる場合は芽のところにあるハカマ部分を取りあく抜きが必要になります。お浸しや和え物、煮物、炒め物にして頂けますよ。(と言いつつ今回は全部天ぷらで頂きました♡ほのかな苦味とともに美味しく頂けます)

コシアブラに限らず、春の山菜はどれもこの時期だけの特別な食材として、東京のお店で出てくればわぁ珍しい!と喜び、普段の生活では「見慣れない+調理の仕方分からない=手にしない」といった具合でお家で食す機会もなかった私ですが、知れば簡単!天ぷら・和え物・お浸し・炒め物、どれもその食材だけで一品できます。そして苦味も美味しく私達の身体を健康に整える昔ながらの恵みということが分かりました(o^―^o)

普段から調理するのは洋食メインという方でも、和食は苦手と思っている方でも、食にも健康にも興味ない方にも、一度生の山菜を手に取り使ってみてその魅力に触れて貰えたら嬉しいです。(食材の使い方が分からなければコメントください!全力でお答えします!)もしくはお蕎麦屋さんや和食屋さんで出会ったら是非食べてみて下さいね♩

最近のスーパーでは旬も曖昧になり1年中食べられるお野菜で溢れています。それはとても便利なことですが、私たちは四季の中で生きていて旬のものはその時々に合った私たちの健康をサポートしてくれる大切な恵みです。春の山菜は秋のキノコたちと違って1年のうち、この春でしか出会えません。ぜひ出会ってチャレンジしてみて下さいね♡

 

読んで下さりありがとうございました。Aÿǎ♡

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました