旬のイチジク。嬉しい栄養たっぷり編

栄養

夏から秋にかけて、まさに今が旬の無花果(いちじく)♡

私のところには毎年お盆の頃から愛知の叔母よりイチジクが届くので冷蔵庫に入っている日は嬉しくてたまりません♩子供の頃は苦手だったのに今では私の中のフルーツ№1です(o^―^o)

そして今回声を大にしてお伝えしたいのがイチジクの栄養面です♩なんと古代ローマでは「不老不死の果物」と言われ、トルコでは「聖なる果実」と呼ばれるほどなんですよ♡古くから重宝されている歴史ある果物です♩

◇どんな栄養が多く含まれているの?◇

【ペクチン】

水溶性食物繊維です。実はイチジク、生の状態だと全体の84%が水分で他は糖質が主成分となっています。糖質が多いのかな?と気になるところではありますが、このペクチンが含まれていることにより消化を助けたり、糖の吸収を抑え血糖値の急激な上昇を抑える役目をしてくれているので大量に食べなければダイエット中にも糖の心配よりも他の栄養面でのメリットを優先して頂けたらと思います♡

【カリウム】

むくみ対策と言えばのカリウム♡体内の余分な塩分や水分を調整し排出してくれます♩普段からむくみが気になる私はとっても嬉しい♡

【ミネラル】

主にカルシウム鉄分です♩どちらも現代人は普段から足りていないと言われているミネラルです。骨や血の素になるのでとっても大切!美味しくて貧血予防にも繋がるなんて有難すぎます(o^―^o)

【ポリフェノール】

ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸ザクロエラグ酸アントシアニンも含まれています。老化の原因を排除する役割があるので若々しい毎日を過ごしたい女性の味方です♡そして目にも良い!

あ!女性の味方と言えばもう1つ♡イチジクには女性ホルモンのエストロゲンに似た成分(植物性エストロゲン(フィトエストロゲン))が含まれているので、月経トラブルやPMS、更年期障害など女性特有の不調時にも大変オススメです!

また量は多くはありませんがビタミンB1、B2、B6、ビタミンCなどもバランスよく入ってますよ⋆

それにしても色々と女性に嬉しいフルーツですが、気を付けたい点もやっぱりあるんです。それは未熟なイチジクを食べると胃を痛めたりお腹を壊す可能性もあるということ!またドライフルーツで食す場合、水分が抜けている分栄養がギュッと濃縮されていますが、その分カロリーも高くなっています。始めに糖が主成分とお伝えした通り、肥満や糖尿病のリスクを高めてしまう可能性もありますので、生で食べる場合ももちろんそうですが美味しくても食べ過ぎには注意が必要です!

いかがでしたか?一言でいうともう女性の強い味方!って感じでしたね♡それにしても‥食べ過ぎ注意とは言っても私はついつい手が伸びてしまうので気を付けなくてはいけません(;^_^Aだってもうイチジクを食べている時は美味しくて幸せ~てなりますから♩そして嬉しいことに今はきっと以前よりもカフェやケーキ屋さんでもイチジクを使ったスイーツで溢れている気がします♡次回はちょっと変わったイチジクメニュー編をお伝えしたいと思っております♩

本日もお付き合いありがとうございました!

Aÿǎ♡

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました