興福寺中金堂ライトアップ

お知らせ

最近感動したことの1つに、奈良にあります興福寺中金堂さんで10月20日(土)より始まったライトアップがあります。300年振りの興福寺中金堂の再建は私が5月に奈良へ来た時から完成を楽しみにしていました。(といっても当初は自分自身の興味というよりもみんなが待っているから的なミーハー心です)そうしたらもう、想像以上でした。

ちなみに10月7~11日に落慶法要が営まれていた間には色々とイベント(コンサートや朗読など)が行われていたので拝観はできませんでしたが足を運んでおりました。

また少し話はそれますが17日には興福寺南円堂さんで年に一度限りの特別開帳があり

奈良・興福寺

こちらももう、初めての仏様にドキドキしてしまいました。自分でも呆れるほど知識はありませんが汗、奈良へ来てこんなにも古都を感じ、手を合わせることを知り、何百年・何千年と受け継がれてきた時の流れや古くから守られてきたものを目撃していると思うと本当に感動してしまいます。めちゃくちゃかっこいいです。

話を戻しまして、10月20日陽が落ちてから興福寺さんへ向かい、以前詳しい方に教えてもらった通り南大門の方から階段を上っていくと、

わ!鴟尾しび)!

すっごくわくわくしました◎ここからはスライドショーのごとく写真を…

拝観されている方たち(柵の向こう側)は提灯を手にしていて、またその色もタイミングで色が変わっていて幻想的でした。

遠くからでも勇ましい姿が。

19時半には音が止み、入場もお終い。その時入っている方は19時45分まで拝観可能です。

じつはこの日、友人より先に着き、南大門(正確には南大門のあったところ)からずっと音楽と光の演出に心奪われ感動していたら、胸がいっぱいになってしまって、後から着いた友人には参拝に入ってもらったのですが私は入りませんでした。今入ると自分の容量オーバーでこれ以上心動かすものを受け止めきれないと思ったから。(そんな判断ができるようになりました笑。でもあとで友人にはいっぱい謝りました。笑)

いえ、本当に300年の時を越えて、こうして現代の技術が合わさって、人を惹きつけているって、あの場に立ってみないと分からない感動があったのです。

少しだけ私個人の話をしますと、今ずっと自分が理想としていた道にかすかに手が触れそうで、でもそれを確実にする方法は手探りで、幻のようで、やっぱり駄目でしたってことになるんじゃないかってつい頭に思い浮かんでは消して、できるにする方法を考えて、なんかそんなごちゃ混ぜな頭の中であの演出を見て思いっきり心奪われ感動させられたから、とにかく今感じている一つ一つを大事にしたくて、心に思い浮かぶまま動いてみたいと思います。

自分の想いを届けたいし、でも無理やりは嫌で、執着するのはもっと嫌で、またの機会にっていうのはもっともっと嫌。

ライトアップの夜間特別拝観は11月11日(日)まで行われています。私も今週きちんとじっくり拝観予定です♩ぜひぜひぜひ!一人でも多くの方に実物を見て頂きたい!音楽と光が織りなす不思議な空間が広がっています。

ありがとうございました!

Aÿâ♡

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました