【結】

日記

いつからか、心にあった「結う」という存在。縁を結ぶの「結び」。この心にあるものを何か形にしたくて。ずっと持ったままでいたのですが、つい先日、初めましてだった女の子の作家さんと話していた時に、

わたしが「私はモノづくりはしていないけれど、「結(ゆう)」という字がすごく気になっていて、それを何か表現してみたい」と言ったことを話させてもらったら、それを聞いて青島神社さんの話をしてくれました。宮崎県に行った際に寄ったのだそうで。

その時撮った写真と読ませてもらった神社に書かれている文章には、
「古来より我が国では、万物全ての始まりは産霊(結び)の力から生成されると信じられて来た」と。それがすごくしっくりきて、あ、今すぐはじめなきゃ、と思ったのです。何故か会話の流れでふと話した結びの話に答えが返ってくるとも思っていなかったですし、それこそご縁を感じました。

そして「本当に作り出したいもの」の前にまずはここから覚えようと思ったのが「水引」でした。

単純ですが一番に日本のものであること、そして受け継がれ、魔除けや人を結びつける意味合いが備わっている「水引」。

水引で椿のイヤリング

わたしのはじめての「結」。

でもこれで完結ではなくて、ここからは素材を変えたり、編むものを取り入れたり(編むことのはじまりもやはり結ぶことから)、テーマやコンセプトも決めてあるのでゴールのイメージはあるのです。

そういえば今日早速着けてお仕事に出たら、素敵なご縁があったのです♡

なんとナナツモリで参加している「手しごと市」でわたしの三角さん(詳しくは”はじめての”の記事で)を前回2つご購入してくださった方がまた来てくださって、以前買った物はもったいなくて使えないのでまた2つ買いますと、偶然にも私のいるタイミングで来て買って下さったのです。更に母や姉にもあげたいからもっと作って欲しいと。

三角さん。バリエーションは色々。

きっと直接お会い出来なかったら、買って頂けていることに感謝しても、表情や声を聞いて私がこんなにも感動をすることはできなかったと思います。

会わせて頂けたご縁に感謝。結びを感じた瞬間でした。

話は戻して、「結」を作る時は(水引に限らず)いつも「祈り」のような気持ちを込めて大切に向き合いたいと思っています。お守りのようにそっと寄り添うものになるように。

このblogでは私のそういった創作の成長も一緒に見守って頂けたら幸いです。笑

ではこれから三角さんの方を作ります△▲△△

ありがとうございました!

Aÿâ♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました