自分の仕事をつくる

本♡

昨日に引き続き、もう1冊ご紹介(o^―^o)

【自分の仕事をつくる/西村佳哲(働き方研究家)】

こちらの本は、(2003年に単行本が出て)2009年に文庫化されたものです。(文庫本になる際に10年後のインタビューも2本追加されていて読み応えがあります⋆)

この本を読み始めた時、とても活躍されている人のインタビューばかりで、なんだか自分とすごく距離を感じました。

ですが、西村さんの言葉を少し引用させて頂きますと、

 ―後先を考えない人は「馬鹿」と称されやすい。しかし未来とは、今この瞬間の累積意外の何ものでもない。―

に心強く感じたり、

 ―人は能力を売るというよりも「仕事を手に入れる」ために、会社へ通っている。そんな側面はないだろうか。―

 ―よく会社のグチを口にする上司や中堅社員を見かけた。そうした人ほど、いつまでも会社を辞めようとしない。グチをつぶやく心の裏側には、会社への期待感がある。しかし、いったい何を期待しているのだろう。そもそも期待すべき対象は自分自身にあって、会社ではないのでは?―

という問いかけにハッとさせられたりしました。

働くとはギフトを送ること。自分ごとにすること。

他人事で働いていると、自分の時間を売っているような仕事になってしまいます。私も経験があります。現在は、時間は売りたくないですしビジネスにおいてボランティアも今は少し違うなと思っています。

だからって(私の場合ですが)全部が全部、すぐに理想通りの働き方になるかと言われれば、能力面でも勉強や経験を積まなくてはいけないことが山ほどあるので、自分の中できちんと選択していかなくてはいけないことも多いです。

それでも、芯はブレないように、常に今を大切にしながら未来に可能性を持って、考えて行動していきたいと思います。

ぜひこの本を手に取ったら最後まで、最後の追加インタビューまで、読んで頂くことを強くオススメします。読者からの手紙へのお返事を載せていたり必読です(o^―^o)※なので持ち運びもしやすい文庫本を是非!

10年以上前から、色褪せていないこの1冊に出会えたことに感謝して、

新年度、改めて自分の「働く」と向き合っていきたいと思います。

ありがとうございました!

Aÿâ♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました