一度死んだ僕の、車いす世界一周

本♡

先日映画館へ行きたいと計画した日は見事に予定変更され、

でもその分?仕事をたっぷりと片付けた後、とてもとても興味深い本を読んで過ごしました。

『一度死んだ僕の、車いす世界一周/三代達也』

一度死んだ僕の、車いす世界一周 No Rain、 No Rainbow [ 三代達也 ]価格:1,650円
(2019/11/3 23:11時点)
感想(0件)

こちらの本は、タイトルの通り事故で車いす生活になった作者・三代(miyo)さんが実際に世界一周の旅へ出て経験した様々な出会いや壮絶なエピソードを書いた本です。

実際の内容は想像しただけでもヘビー(タイトルを読んだだけでもハラハラ)何度も何度もギリギリの事態になっているのに、

読みやすくソフトなタッチで(言葉遣いや伝え方の順番・伝えどころなど)
その様子を読者までもが辛くならないように配慮して書かれているように感じました。

それだけでまずなんて魅力的な人なんだと驚きます。

すごく引き込まれるのです。

きっと世界一周、約9カ月23ヵ国へ行かれた経験をこうして1冊に「まとめる」って凄いこと。
だって読みやすく、展開もわかりやすく、とても面白い!(興味深いという意味で)

だから本が苦手な人にもとにかく1ページ読んで欲しい。
まず少しでもいいから三代さんの経験をあなたの目を通して感じて欲しい。

私は途中何度も涙が溢れました。

三代さんがとてもパワーのある方なので、
読んでいるだけで自分にとっても世界がぐんぐん広がっていきます。

そうしているうちに、

自分が思っている「できない」は、本当なのか?

自分が持っている不可能」が疑えてくる!

私にももっと可能性があるかも!!

そう、私自身が勝手に不可能を作っているだけ。

三代さんの話は

壮絶なのに全てが実話で奇跡。

そして人間の強さと優しさに満ち溢れた日々のエピソード。

実は私の大好きなカフェの方が三代さんとご縁のある方で、そのカフェで三代さんのトークイベントをするというところから私は知ったのですが、

どうしてもその日は生放送を担当している時間で伺えず、
代わりではないですが、私がご案内すると興味持って参加してくださった方が、帰りに買った本をお借りでき
私も三代さんについて知ることが出来ました。

本当に読めて良かった一冊です。

一日の中でふとしたタイミングにこの本に書かれているようなエピソードや、言葉、奇跡や人との縁を思い出します。

それは今生活していて感じる少し悔しい気持ちや

しんどい気持ち、

ムカムカする気持ち

のようなネガティブな感情から

視点を離し、視野をもっともっと広く持つきっかけをくれます。

三代さんが実際に体験した事柄や出会いや奇跡が読む人の力となって、
未来への可能性となって力強く前を向かせてをくれます。

この本に出会えてよかった…!

特に心に残っているエピソードのセリフに

ー「俺たちは宇宙生まれの宇宙育ち。そんな世界で、性別や年齢、障害なんて関係ない。
俺には今日時間があって、体が動いて、君を助けることができた。そんな1日を与えてくれてありがとう」ー

私はこの中でも一番太字のところにハッとしたのだけど、
きっとこの本は、読む人によって、読むタイミングによって違うところに心が動くのだと思います。

また海外へ行かれるそうなので、いつかタイミングを待ってお会いしたいです(o^―^o)

ラジオ出てくれないかな。みんなに聴いてほしいな。

Aÿâ♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました