今からできる「自己否定しない!」「人と比べない!」

あなたへ

ついつい、自分のダメさ加減を目の当たりにして、落ち込むことありませんか?
私はよくあります!!(;’∀’)

ですが最近はそんな落ち込んでいる暇というか凹んでいる自分の時間がもったいないと気づき(!)気づき次第切り替えるように頑張っています。

そうしたら最近、時間がもったいない以前に自己否定がいかによくない影響を及ぼすかを知りました。今後一切、自分を否定するなんてこと止めちゃいましょう♡

自己否定をするとワーキングメモリに影響する

自己否定をするとワーキングメモリに影響する

私たちの脳にはワーキングメモリという「一時的に情報を脳に保持したり処理したりする能力」が備わっています。作業記憶作動記憶とも呼ばれるものです。

このワーキングメモリは会話や読み書きなど日常生活や仕事を支える重要な能力です。

また先にお伝えしたように"一時的に"情報を保持する能力(短期記憶)なので、
古い記憶はどんどん消されていくといったもともと容量が少ない能力なのです。

にもかかわらず、さらに自己否定をしてしまうとこのワーキングメモリが圧縮されて本来の能力が発揮できなくなってしまうという事実が発覚!!(;’∀’)

自分なんてだめだ…て思っていたら更に日常使えるはずの能力も発揮できずに(!)もっともっと落ち込むという悪循環に!!

そんな時は切り替えましょう!!

人と比べないようにするために気付いて欲しいこと

落ち込んでいるとき、自分なんかダメだって思う時
そんな時は知らず知らず、誰かと比べていたりしませんか?

もしも上手にできるあの人やいつも褒められているあの子と私、
比べて落ち込んでいる自分がいるのなら気付いて欲しいことがあります。

それは今いる環境のルールによって評価していないかということ。

有名な言葉に

人は誰もが天才だ。しかし、魚の能力を木登りで測ったら、魚は一生、自分はダメだと信じることになるだろう

アインシュタインが言ったとか言っていないとか

これはアインシュタインが言った有名な言葉だそうですが、それを否定している意見もあるので私にはわかりません。
でも正直誰が言ったかは重要じゃないので続けます。

この言葉。多くの人たちが気づかずに陥っていることではないでしょうか。

私たちは、ひとりひとり能力が違い、出来ることも出来ないことも違って当たり前。
それなのに例えば自分が水の中で一番になれる能力をもっているにも関わらず、
地上に出て能力が劣ると凹んでいるような
そんな状況に身を置いていないでしょうか。

私は自分ができないことは出来ないを理由に落ち込まず、出来る人がやればいいと思っています。

その分自分の能力を全力で発揮できる分野は全力でやる。

それがシンプルでいいなと思うのです。

なので、今この瞬間から自分を否定しないし、人とも比べない♡

あなたも素晴らしいし私も私らしくあればいい!♡

今日もお付き合いありがとうございました!

Aÿâ♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました