コロナ陽性で分かったこと

日記

先日、熱が出てコロナの陽性が判明しました。ここ何年も風邪引かないし、インフルエンザも罹ったことないのに、毎日のように気にしているコロナにかかるとは…しかも割と人口密度の低い街で。

そんな一例に過ぎない私の体験ですが、この経験がどこかの誰かの何かしらのヒントとなりますように、記しておこうと思います⋆

コロナの陽性になった私の背景

奈良在住の一人暮らし。ワクチン2回接種。30代。女性。

そんなわたしの陽性が判明したのは2022年5月14日。正確にはその前の晩から微熱が出ました。

もっというとその前日の前日、木曜日の夜から喉の様子がおかしかったのですが、喉が弱いわたしは時々起こらなくもない事なので早めの喉飴・喉スプレーで対処しようと思ったんですよね。

そしたら13日の夕方に微熱が出たのでドキリとしました。(ちなみにこの13日も貧血を感じる体調不良があり、でも貧血じゃなかったらいけないしと思って熱もこまめに計っていました)

で、結果13日の夜に37.8度と、普通では出ない体温になったので、すぐに会社に電話、そして新型コロナ発熱患者受診相談窓口に電話しました。

そしたら聞かれるわけですよ「周りに濃厚接触者の方や陽性者の方はいますか?」て。

それが、、、いなかったんです!

そして体温も37.8度と、熱だけどただの風邪かもしれない体温…。
(実は風邪を引いてもあり得る状況、夜薄着で30分ほど外で待機。というのも木曜日にあったので)

とりあえず一晩様子見て、明日の朝熱があったら近くの発熱外来に相談しましょうということになりました。

ちなみにこの時点で葛根湯を飲みました。
あと水分をたくさん摂ってと言われていたので、水分をこまめに取りました。

そして願いを込めて眠りにつきました。苦笑

熱が38.3度

翌朝目が覚めて、まず計ると38.3度。

なんかここまでくると確信めいたものを自分のどこかが理解してくる。
…でもまだ分からないぞという期待も持ちつつ、
ここ数日でランチを一緒にしていた(自分的に濃厚接触者になる可能性が一番高い)友人に朝LINEで状況を説明。

そこから「発熱外来に登録されていて・土曜日もやっている・家から一番近い」クリニックへ電話しました。

病院の受付の女性は、ちょっと驚きつつも、うちで受診できると思いますよと、問診してくだいました。そして先生が他の診察をしているので折り返しを頂くことに。

この時のわたしは、去年受けたワクチン(特に2回目)の症状よりも軽く、喉の痛みが治まっていたので、熱がある割に、元気でした。

数十分後に折り返しのお電話を頂き、先生と受診時間を決めて来院。

先ほどの受付の女性も担当の先生も、電話口の声にゆとりがあるのがホッとしました。
きっと土曜日の受診なんて人が多いだろうし、そこへコロナかもしれない患者の受け入れなんて面倒だと思うのですが、そんな気配一切出さずに、会話してくださって、それがとても、ここに電話して良かったなと思いました。

電話の応答が嬉しかった(わたしも電話口では余裕ある対応を心掛ける!)

そして約束の時間10:30に病院の前で電話をかけます。

中には入らず、先生が勝手口のようなところから全身防護された格好で出てきてくださって、裏口で保険証の確認とPCR検査をしてすぐに帰宅。(PCR検査、鼻に突っ込むの痛かった。涙)

検査結果はすぐに出て(15分くらいかな?)電話口に陽性だったと知らされました。
保健所から連絡が来るのを待てとのこと。

やっぱりかーと思って、すぐに実家の母と会社の人数人と朝連絡していた友人にも結果報告。

ショートメッセージではコロナに関する案内とCOCOA登録のURLが届きました。

保健所から電話が来て10日間の自宅待機スタート

その後、お昼くらいに保健所から電話が来て、状況を再確認。

わたしの発症日が金曜の夜と見なされたようで、その前の2日間(水曜・木曜)でマスクや感染対策なしに1メートル以内で15分以上過ごした人がいるかを確認され、

該当者なし。濃厚接触者なしと見なされました。

木曜日にランチした友人は該当はしないけれど念のため1週間の健康チェックを伝えてくださいと言われました。(友人は実際そのようにしてくださいました⋆)

この時の保健所の方も、気持ちに余裕がある方で良かったです。多分年下の女性だと思うのですが、
時折笑いながら朗らかな会話もしつつ、一人暮らしのわたしを気遣ってくださいました。

保健所の方は10日間の自宅待機中、こちらを伺うような電話はもうしないとのことで、

最後の3日間、21日・22日・23日の間、
薬を飲まずに体調に問題なければ、復帰しても良いとのことでした。

ちなみにこの時、緊急の連絡先や薬が必要になった時の電話番号を教えてもらいました。
(わたしが受診した病院では薬の処方はありませんでした)

何はともあれ、ついにここから10日間の自宅待機のスタートです。

コロナで辛かったこと

コロナの陽性が出て、わたしがめちゃめちゃ辛かったのは、

仕事で他の人が大変な思いをすること
誰かに移つしていないかを考えること

でした。

この時の私は、

5月に入って、コロナになったこの日まで、13連勤中の大忙し💦

そりゃね、13連勤なんて、大した数字ではないかもしれないのですが、
わりと朝から晩まで。(もちろん毎日ではなくて合間には1日3時間くらいの日もあったのだけど)

労働時間よりも精神的に結構しんどくて、
体力もなくなってきてたし、最後の方は生理痛も酷かったし
気力だけで乗り切っていたタイミングではありました。
(でも仕事自体が嫌いじゃないから楽しんでいる自分もいた!)

そのままの流れで強制終了的にコロナになったので、

まずはとにかく、各関係者に事情説明とお詫び、お詫び、お詫び…。

これが全然休めなくて、みんなが優しい言葉をかけてくれるのでその一人一人に申し訳なくて辛い。

これは性格なのか、誰がどんな優しい言葉を使おうが
迷惑をかけていることが辛いんです。

プラス、ぶっちゃけこれだけ急に休むことになっているので
誰かに代わってもらうにしても引き継がなくてはいけないから
仕事の連絡も労わりの言葉をもらいつつも並行して続く(;^_^A

このやりとりがあるので数日間は横になりつつもあまり休めなかったのがあります。

(でも熱がすぐ下がってきて、それで割と大丈夫でした⋆)

それから、誰かに移しちゃっていないかという不安

わたしが関わった人を思い起こして、
あの人は基礎疾患があったんじゃないかとか
高齢だったとか
家族に小さいお子さんや妊婦さんがいたなとか
仕事休める人じゃないなとか

そんな想像を膨らましていたら逆に本当になってしまうんじゃないかと
めちゃくちゃ恐怖で、
そんな時は漫画読んだり、小説読んだりしながら
とにかく意識を持っていかないように気を付けました。

あと、対策として

迷惑かけている分は

この経験をいつか誰かの役にたてるんだっていう風に気持ちを切り替えました。

これを『恩送り』ていうんですね。

そもそもわたしは滅多に体調を崩さなくて、
突如誰かに仕事を代わってもらうとか
何かお見舞いしてもらう経験があまりなかったので

今回、弱っている人にどんな食べ物や必要な手助けができるのかを学ぶ機会にもなりました。

この❝わたしがしてもらって嬉しかったこと❞はこの後に書きますね♪

辛かった症状

続いて一番辛かった症状は熱が引いて2日目からの喉の痛み!なのです。

最初の喉の違和感から一度治まったにも関わらず、熱のあとには喉の痛みが再来

声も出なくなりました。

これはオミクロンの典型的な症状なのですね。

熱のしんどさがあまり酷くなかったのに

喉の痛みは唾を呑み込むのもしんどくて
水を飲むのも億劫になるほど
一気にわたしを弱らせました。
(喉だけ熱を持っている感じも)

一番びっくりしたのが、喉が痛くて夜中に目が覚める!!!

人生初です。。

ですが知人に薬剤師さんがいて、その症状を聞いて、すぐに漢方薬とうがい薬を玄関まで届けてくださいました。

ちなみに

ケンエーうがい薬s

クラシエの漢方
銀翹散(ぎんぎょうさん)

です。

これがめちゃめちゃ助かりました!!!

即効性は難しいですが、薬を飲み(食前or食間)、何度もうがい、うがい!

痛む時間は短くなり、楽に過ごせる時間が増えました。
このあと4日くらいで電話もできるし、痛みもかなりなくなりました。

また喉の方がよくなってくる頃、鼻づまりの症状がではじめ、
まぁ次から次へと、色んな方法でウイルスと戦っているんだなと。

そして9日目は倦怠感というか疲れやすさです。
なにか作業をするとすぐに疲れます。

わたしが特に嬉しかった食べ物たち

自宅待機になったと報告すると、すぐに会社の社長や実家の母が食べ物を送ってくれました。

友人たちもドアノブに食べ物を下げて行ってくれました(涙)

ヤクルト1000嬉しい!!あと卵系✨
簡単でしかも色んな食事を食べれて嬉しい!
美味しい!!
野菜生活強し!笑
これはベットにいながら手軽に甘いものが食べられるので重宝しました!
奈良市のサポートパック

ネットで申し込みをすると、タクシーの運転手さんが配達してくださいました!!
パッと見、病人に?!というメニューですが、元気になってくると食欲も出てくるので感謝です!
地味に味付けのり嬉しかった!!

心満たされるお茶の時間

更にもう少しで復帰できる!となってきた頃、友人たちが嬉しい差し入れをしてくれました(泣)

自宅待機しながらお茶の時間を楽しめるなんて、本当に感謝でした😭💕

ちなみにネット注文したもの

幸い一人暮らしの私に、皆さんが代わる代わる食べ物を差し入れしてくださったので

食べ物・飲み物系は注文せずにすみました。

なのでわたしがネット注文したのは「トイレットペーパー」でした!

今すぐ無くなることはなかったのですが、いつなくなるかな?…と考えるのが面倒だったので早めに注文して良かったです^^

あともしゴミ袋がないようだったらこちらも注文が必要そうです。

ちなみにこれは個人的にですが

会社に対して10日間のご迷惑が申し訳なさ過ぎて、

会社には早い段階でネット注文してコーヒーを送ってました。

忙しくさせてしまっているなか、少しでもリラックスしてもらえますように。

(結果わたしの復帰まで皆さん手を付けたれなかったので、後日みなさんにお配りしました😅)

10日の自宅待機明け、最後は抗原検査

保健所からは10日間の最後3日間、薬を飲まずに熱が無ければ復帰して大丈夫ですとのことでしたが

周りの方に不安を伝染させたくなかったので、11日目の朝一で奈良市三条通りの検査所で予約をして
抗原検査をしてきました。

11日目の朝、嬉しかったのはゴミ出し(笑)お部屋もスッキリ!

そして感想は「太陽の力って強!!」でした😆

最後に

今回コロナになって、すごく精神的にしんどかったです💦

しかも10日間の期間を終えても、倦怠感が続いたり

とにかく疲れやすくなってたんですよね。(力が出ない…)

だから10日間も休んだっていう風邪になったときのような普通の意識ではなく
未知のウイルスなんだから10日以上必要なんだって自分自身に優しくしてあげることが良いなと思いました^^

いつの日にか恩送りを✻

ここまで読んで頂きありがとうございました😌

(2022.5.24)

コメント

タイトルとURLをコピーしました